FC2ブログ
11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

命日 

17498441_1891583174397015_5580680158373274693_n[1] - コピー
6日は蘭の命日でした

あれから一年

月日の経つのは早いものです


SSC_4679_20180308112128b8e.jpg
枯れることのない涙

時々襲ってくる悲しみ

thumb5[1]
悲しみは時の翼に乗って去る

でも、まだまだ時間がかかりそうです

SSC_4678_20180308112133ef6.jpg
気持ちを落ち着けるにはこんな所もいいかな~と、「かんなみ仏の里美術館」に行って来ました

館内は撮影禁止になっていて写真は撮れなかったですが、国指定重要文化財の”阿弥陀如来及両脇侍像や
静岡県指定有形文化財の”薬師如来像等24体の仏像が展示されていていました

ボランティアガイドさんが仏像についての説明をしてくださるので、今まで知らなかった
仏像の事を色々学べてなかなか良かったです

IMG_20180308_104122.jpg
http://www.kannami-museum.jp/






category: 愛犬の事

Posted on 2018/03/08 Thu. 12:16  edit  |  tb: --  cm: -- 

土に還る 

DSC_0021.jpg
愛犬の蘭が亡くなったのは3月

今まで蘭のお骨は家に置いたままで納骨はまだでした

そろそろ区切りをつけないと!と思ってはいたが中々出来ずにいました

蘭が亡くなったら樹木葬をと考えていて、候補の木は菩提樹
(菩提樹は釈迦がその樹下で悟りを開いたという樹)

でも植木屋さんとかを探してもなかったので、自分の好きな樹の”もみじにしました

場所はドッグランを見渡せる山の中腹

イノシシやカモシカ、野うさぎ等も遊びに来る場所です

DSC_0017.jpg
犬たちは人間のように煩悩がないので、丁寧なお経はなくてもよいと聞いたことがあったので

家族だった幸とふっくんと、お父さんとお母さんだけの小さな小さなお弔い

骨壷を開て小さくなった蘭といっぱいお話をして、「ここに眠るんだよ!」と土(自然)に還してあげました


DSC_0025.jpg
これからは寂しくないように、小さなわらべ地蔵さんが一緒です


DSC_0024_20170914111152106.jpg
蘭がいたから出来たドッグラン

走ることは出来なくなったけど、これからは風になってドッグランを駆け巡ってみんなの事見守っていてね


蘭 ありがとう


合掌




category: 愛犬の事

Posted on 2017/09/15 Fri. 00:03  edit  |  tb: --  cm: -- 

日向ぼっこ 

SSC_0249_201612231511577c4.jpg
小春日和のある日


SSC_0265_20161223151336cbe.jpg
蘭を連れてフライボールの練習に行ってきました


SSC_0257_20161223151202087.jpg
風もなくぽかぽかと、やわらかな日差しの下、外に出してやると気持ち良さそうに眠る蘭


SSC_0264_2016122315132834a.jpg
最近は、前脚も弱くなって立つことが出来なくなり、一日の殆どを寝て過ごしている

そんな蘭を心配してノエルちゃんが「どうしたの~」て

ノエルちゃん、大丈夫を有難う



SSC_0255_20161223151159811.jpg
ノエルちゃんから元気をもらったことだし


クリスマスも


お正月も


まだまだ、一緒に過ごせるね




きっと。。。






category: 愛犬の事

Posted on 2016/12/23 Fri. 20:14  edit  |  tb: --  cm: -- 

家族愛? 


起き上がれない蘭を起こしてやろうと手伝っているつもりのふっくん

美しい家族愛です ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



DSC_0027.jpg
蘭は介護の甲斐があって少しづつですが、また食べられるようになりました

22キロあった体重は14キロまで落ちてガリガリになってしまったけど、まだ頑張ってくれそうです


大丈夫だよ・・・・


大丈夫だよ・・・・


大丈夫だよ・・・・



category: 愛犬の事

Posted on 2016/12/06 Tue. 13:12  edit  |  tb: --  cm: -- 

看取りとは・・・・ 

161127_1132~01
シェリィ>「今日の調子はいかがですか~?」

蘭>「ぼちぼちでんな~」


歩けなくなった蘭にしてやれる唯一の外出

視力と嗅覚はダメになっていても気配で、ここがどこかわかるようです
ドッグランでのひとコマでした



先日、義母が入所している施設の介護教室に行ってきました

テーマは「看取りについて」

「看取り」とは

無益な延命治療をせずに自然の流れで人生の最期を迎える高齢者を見守るケアをすること」

終末期において、痛みや不快な症状の緩和と心のケアを中心に、本人らしさを失わずに人生の最期を迎える
サポートをすることを意味する


人もワンコも一緒・・・・かな。


蘭はこんなになっても、通院はほとんどしてないです
何故かと言うと、なるべく自然に逝かせてやりたいから・・・・


動物が本来持っている自然治癒力の力を信じ、マイナスのエネルギーを与えないよう
毎日笑顔で「大好きだよ」が、我が家流”自然療法です

追記: スープ
      ↓
     流動食
      ↓
本日30日、ふかしたさつまいもを食べるまで回復してきました

このまま元気にな~~~~~~~れ!!



category: 愛犬の事

Posted on 2016/11/28 Mon. 16:05  edit  |  tb: --  cm: --