03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

きずなポイント 

      < 告知 >

※ 5月24日(土)  オフ会開催のため、真ん中の共用サイトは貸切りになります
  
             スポーツサイト=フライボールの練習会があります

             小型犬サイト=ご利用可



IMG_0604.jpg
伊吹山の麓の公園でフライボール大会が開催されました

ペアーズでチームを組んだ「ラブラブチーム」のそらちゃんと蘭


7_large[1]


3_large[1]
”蘭”


4_large[1]
”そら”


5_large[1]


SSC_2277_20140521150939929.jpg
ラブラブで走って満足気な2犬

一緒に走って顔が似てきた・・・かな!?

IMG_0531.jpg
ふっくんのボールキャッチの瞬間

相変わらずテンションが高く弾丸走りで、先の子が走ると、我先に行こうとギャン吠え、抑えるのが大変です

この日はいつになく自分もレースに集中し、そのせいなのか、ふっくんも全レース(5レース、20ヒート)とも
クリーンランしました

今までフライボールをやってきた中で、うまくいくレースって何かが違うんですよね
何が?、って言われても、うまく言えないですが、何かが違う!!

犬とハンドラである自分との呼吸
あ、うんの呼吸!!

特にスタート時は、ロスタイムが少なくなるよう、神経を研ぎ澄ませ気持ちを犬に集中させるのって大事なんです
これを”アドレナリン一斉放出スタート”とも言う(勝手に命名)笑

ちょっとの迷いや雑念があると犬がそれを感じ取って集中力がなくなりミスる
スタート時に自分の神経すべてを犬に集中し気を入れます
これを見えないスイッチボタンとも言う(笑)

「スイッチはどこ~、スイッチは~」

そんなのどこを探してもありませぬ、見えないのだからハハハ

フライボールは奥の深い競技です

コンマ何秒かを競う競技なので奥義が必要なんです ←これほんと

勝利への道は奥義から←何のこっちゃ(笑)

フライボールをやっていると愛犬との絆がどんどん強くなってきます
それで絆ポイントなるものを作ってみました

この大会では絆ポイント100点満点
            ↑
 自分で勝手に作ったポイントなのであしからず(*^_^*)

一体感を味わった、絆100点満点のレース、動画でどうぞ

「team Wikiwiki」対「Ricky`s」

向かって右がふっくんの走ったチーム「Ricky‘s」です

出走順 メイプル→ムース→リッキー→ふっくん

動画提供リッキーママさん

SSC_2283.jpg
リッキー君9歳


SSC_2276_201405211358192c2.jpg
「Ricky`sメンバー」皆で300歳以上(*^_^*)

皆様、楽しい1日を有難うございました




category: フライボール

Posted on 2014/05/21 Wed. 14:40  edit  |  tb: --  cm: --