03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

余命宣告されたけど 


昨年の11月11日に、「後2ヶ月くらいかも」 と、余命宣告された”蘭

でもまだ生きています(๑≧౪≦)

SSC_4371.jpg
昨日6日は群馬県の館林でフライボール大会でした
いつも遠征する時は、我が家の犬達全員連れて大移動しています(駐車場が近いことが限定ですが)
目の見えない蘭と幸にとっては迷惑かもしれないけど、ふっくんの応援もしなくちゃね(*´∀`*)


蘭が脳腫瘍の手術をしたのが2012年7月17日
あれから3年と半年経ちました

去年の夏頃から、頻繁に痙攣発作を起こすようになり、「もしかしたら再発!?」
そう思うと蘭の頭の中で何がおきているのか知りたい飼い主

今まで診て頂いていた動物病院の先生が9月に急死されて相談もできず!!
なので昨年の11月に手術して頂いた大学病院まで行って来たってわけです
もしかしたらMRI検査が出来るかな~と淡い期待もして
蘭の場合、発作がおきる可能性があるので麻酔は危険と言われています

その時の先生の見解
神経症状がかなり進んでいています
左目は完全に失明しています
右目はすりガラスで見ているような状態
臭覚は喪失
四肢も麻痺があるのでいずれ歩けなくなる
この状態からすると、もっても後2ヶ月くらいでしょう。。。
今こうしていても、強い発作がおきて、そのままってことがあるので、それがいつだかはわからない
今日かもしれないし、明日かもしれない・・・・と

蘭の頭の中で何がおきているのか知りたくて診ていただいたのですが
ここまで知ってしまうとね

MRI検査をすると脳腫瘍の再発なのか、メラノーマ(以前やっているので)の脳転移なのか
脳炎なのか診断が出来ると言われました
でもね、余命がそれほどないのなら、麻酔を掛けて検査もちょっと。
原因がわかったとしても、あまり意味がないかな!!
と、自分で判断して、何もせずに帰ってきました

あれから(余命宣告から)3ヶ月
相変わらず発作はおきます
1日数回の事もあれば、数週間何事もなかったり


SSC_4376_201603071255174c6.jpg
痙攣発作のあとは、こんな感じで顔を上に向けて「うぉ~ん うぉ~ん」
何だか頭が痛くてないているようで見ててかわいそうです



今 気をつけていることは、筋力を保つために、外でのぐるぐる運動(まっすぐ歩けないので)
脳には耳からの刺激!!
口には食べ物(笑)
麻痺で口も動かしづらくなっているけど食欲はあります
動物は自分で食べ物を食べられなくなり、歩けなくなったら自然界では生きていけないですよね

なので歩くことと食べることは蘭にとって必要不可欠なリハビリです

SSC_4379.jpg
今日は外は雨なので寝て曜日の蘭

痙攣発作と言う時限爆弾を抱えて生活しているようなものですが、今日という日があることに感謝です

明日も、明後日も、次の日も また次の日も、穏やかな日でありますように!!


category: 脳腫瘍闘病記

Posted on 2016/03/07 Mon. 15:39  edit  |  tb: --  cm: --