03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

介護中 

SSC_6466.jpg
闘病中の愛犬”蘭ですが、まだまだ頑張っています

元気な頃、22キロあった体重は今は16キロ
服を脱がすとかわいそうなくらいガリガリです
夏に何回か食べられなくなった時があって、もうダメかな~と覚悟もしました

でも、蘭のすごいところは、どんな時にも頑張ろとする気持ちです
つい最近もご飯を食べられなくなって3日間、水分だけで過ごしました

与えたものは、豆乳と自家製の豆乳ヨーグルトとエノキ汁
お水を飲む時は、写真の様にマヨネーズの空容器を使って与えています
これ、便利です!!
容器の口を潰してあるので、蘭の口に入れてチュパチュパ押してあげると、時々むせるけど、上手に飲めます
授乳?は、夫もやってくれます(笑)

自分の子供にはしなかった事まで、蘭に対しては一生懸命やってくれますo(^▽^)o

フードはペースト状の物は、舌がうまく使えないのでペロペロするだけで、口に入っていかないので
それならと、ドライフードを、そのまま与えています
口に入ればしめたもの、「ゴクン」と丸呑み
このやり方、中々いいです

介護も長いことやっていると、だんだん達人になってくるんです(笑)

脳腫瘍を発症してから4年
その間、メラノーマも発症しました
メラノーマは、手術はしなかったけど完全寛解したようです
こちらは手術しなかったから良かった!!と私は思っています
手術すると血流に乗って癌細胞が転移しやすいと、ある本で読んだので!!

脳腫瘍の方は、大学病院で手術をして、その後は地元の掛かりつけ医で、お薬を出してもらっているだけで
過剰な医療は受けず、蘭の生命力に任せてきました

お薬は、普段はフェのバールのみ
発作が起きたら座薬
それと、発作時だけ脳の腫れを抑えるため、ステロイドをほんのちょこっとやっています
ステロイドは蘭には副作用の方が強く出るので(多飲・多尿)普段は使ってないです
どんなに良いお薬でも副作用が強いと、薬が薬でなくなるので。。。

この先、介護がどのくらい続くのか先は見えないけど、蘭の命のある限り一緒に頑張っていきたいです



category: 愛犬の事

Posted on 2016/11/05 Sat. 13:04  edit  |  tb: --  cm: --