FC2ブログ
09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

蘭、その後 


コスモスが秋の日差しを浴びて咲いています。

CSC_8103.jpg
とんぼ(あきあかね)も、みーつけた♪d(^○^)b♪


CSC_8105.jpg
暑い暑いといいながらも季節は、もうすっかり秋ですねぇ


うちの蘭が脳腫瘍(嚢砲性髄膜腫)の手術をしてから、昨日17日でちょうど2ヶ月経ちました
まだお薬を飲んでるのですが、調子のよいときはボール遊びやディスク遊びも出来るようになりました

先日は水遊びやハイキング(3時間コース)にも行ってきました

まだ薬を飲みながらですが確実に回復してきています
飲んでいる薬は、フェノバール(抗けいれん薬)

腫瘍を取り除いても、脳が発作を記憶していて興奮させたりすると
また発作が起きるおそれがあるので、半年から1年は服薬するように言われています


それと嚢砲性髄膜腫(ノウホウセイズイマクシュ)という脳腫瘍のよくないところは、
良性の腫瘍であっても再発率が高いこと!!

蘭の場合も1年後か、2年後に再発するかもしれないと言われています

手術で、すべて摘出してもらったのに再発なんて、ガビ~~~~ン||(;-_-)|||

肉眼で見えるものはすべて取れたとしても、見えないようなものが残存していると
それが種になって成長するのだそうです

再発してもゆっくり成長する腫瘍なので、早く見つけてあげられれば大丈夫かなー
とは思うのですが、その頃には蘭も今より歳をとっているし手術に絶えられる体力があるかどうか
困ったものです(-_-;)

執刀してくださった先生に、
「お金もエンドレスですねぇ」とおもわず言ってしまった私(≧ω≦)b

手術したわん達で、今まで一番生存期間の長い子はどの位ですか?
の答えは、「2年ですねぇ」と言われました

そのわんちゃんは、外科手術と放射線療法を施したのだそうです

摘出術はかなりの金額がかかります
放射線療法も同じくらいの金額が掛かるそうです

蘭は摘出術だけですが、2ヶ月前にそんな大きな手術を本当にしたの?
と言うくらい元気に回復しています



SSC_7262.jpg
手術をして抜糸する前の蘭の顔
肩から頭まで毛を剃られているので、かなり見苦しいですが・・・。

SSC_8189.jpg
2ヶ月立った今
毛も伸び、手術痕もほとんどわからなくなってきています

SSC_7260.jpg
モニターをつける為に剃られていたお腹や

SSC_7261.jpg
脚などの毛も大分伸びてきました              ※画像は手術直後


退院するとき、「この子は生命力のある子ですねぇ」と言われた蘭
今までの術後最長生存期間の2年を更新できるといいのですが・・・。

今、記録を更新するために、ある事をやっています
それは免疫力を高める食事
毎日せっせとやっております


免疫力を高めて病気に勝つ!!
   ↑
これ大事ですよ~



MRIやCTなどの医療機器がない頃は、脳に異常があっても脳腫瘍と確定できず、苦しみながら
命を落としていく犬や猫たちがほとんどだったそうです

ここ数年で脳神経外科は大きく発展し、国内で手術できる病院も増えているようです
それでも手術できる獣医師は、北海道に1人、東京に2人、神奈川に1人、関西に2人、九州に1人
計7人と、まだまだ少ないそうです(蘭の執刀医からの情報)

蘭を執刀してくださった先生は、苦しみながら命を落としていく犬や猫達を何とか助けたくて
人の脳外科の先生に手術のやり方を教わり今に至っているそうです

近年動物も人並みの治療を受けられるようになったのは、このような先生方の努力のお陰なんですね

CSC_8190.jpg
画像=最近の蘭

蘭が今こうして元気でいられるのは、早期発見・早期治療した事と
それとゴットハンドの腕を持つ先生にめぐり合えた事
蘭の生命力に天が味方したからと思っています


犬の脳腫瘍・手術・で検索し、この記事にたどり着いた方がいらっしゃいましたら
うちの蘭の記事は少し参考になるかと思います

たまたま蘭の場合は術後の経過もよく元気になりました

しかし、術中、術後の経過が必ずしもよいものであるとは限らないので、わんちゃんの年齢や状態をみて
可能性にかけるか、大きくなるのを承知で、そのままにするか決断されるとよいと思います


※参考までに蘭が手術をした病院

  「日本大学 生物資源科学部 動物病院」 神奈川県藤沢市







category: 脳腫瘍闘病記

Posted on 2012/09/19 Wed. 23:36  edit  |  tb: --  cm: -- 

湖畔で憩う 

蘭が脳腫瘍の手術(7/17)を受けてから1ヶ月ちょっと経ち

心配した後遺症もなく、順調に回復しているので、快気祝いにお出かけしました

SSC_7759.jpg
行った所は、山梨県西八代郡にある『四尾連湖』

標高850m

周囲1,2キロの小さな山上湖

散策するにはちょうど良い距離です


SSC_7744.jpg
平日のせいか人影はまばらで、行く夏を惜しみながら

管理人さんらしき人が草刈りで汗を流していました


SSC_7757.jpg
シーンと静まり返った幻想的な湖畔


SSC_7755.jpg
水辺にに咲く野花



SSC_7750.jpg



SSC_7752.jpg
これは水引き草

花言葉は「小さな喜び」

1ヶ月前は、蘭とこうして歩けるなんて思いもしなかったので

小さな喜びどころか 大きな喜びを感じています



SSC_7748.jpg
蘭の足取りは軽く、久しぶりの外出にとってもうれしそう

幸の排泄は、ご愛嬌(^ ^)


SSC_7753.jpg
さっちゃん おいで~!


SSC_7754.jpg
左目が見えなくなった、幸も楽しそうです


SSC_7756.jpg




SSC_7749.jpg
四尾連湖、わんちゃんと散策するには、とっても良い所でした


SSC_7760.jpg
湖畔の山荘、水明荘で遅いランチと、ここのお姉さんと犬談議に花を咲かせた後

次に行ったところは

SSC_7762.jpg
本栖湖


SSC_7765.jpg
今年の夏は犬達の不調で、水遊びは諦めていたのですが、泳がなきゃいいよね、と

インフレータブルカヤックを持ち出し湖上の人(犬)に


SSC_7764.jpg
しかーし、考えが甘かった

蘭、飛び込んで泳いじゃいましたぁ

何もここまで回復してるって見せてくれなくてもいいのに

やんちゃなワンです(-_-;)


SSC_7766.jpg
夕暮れの富士山

今日という日に感謝し、これからも一日、一日を大切に過ごそうと思った1日でした



category: 脳腫瘍闘病記

Posted on 2012/08/29 Wed. 21:46  edit  |  tb: --  cm: -- 

蘭のひとり言⑤(抜糸) 


蘭でーす

アタシ、31日に抜糸したんだぁ

どうよ、この顔、迫力あるでしょう

えっ!ありすぎ! 

う~ん、そうかもしれない、だって開頭手術したんだもん、だから怪盗みたいなの!(笑)

でもね、ぶちゃいくだけど、目に力が出てきたって、おかーさんは言ってくれてるよ



SSC_7203.jpg

ちょっと前まで、こんなんだったけど、少しだけ毛も伸びてきたしね

術後の後遺症てのもないし、アタシすこぶる良好よ



SSC_7196.jpg
心配してくれてる人に、取りあえずの報告でした by蘭



※ご心配お掛けしましたが、おかげ様で蘭は順調に回復しています
 有り難うございました。
 詳しくは暇を見て又報告します



category: 脳腫瘍闘病記

Posted on 2012/08/02 Thu. 23:15  edit  |  tb: --  cm: -- 

退院 

SSC_7167.jpg


蘭が脳腫瘍の手術をしてから、早1週間

今、蘭は私の足元ですやすやと寝息をたてて眠っています。

無事に手術がすんだこと

腫瘍がほぼ全部取れたこと

何事もなく無事に退院できたこと

すべてに感謝しております


17日(火曜日)から18日(水曜日)の深夜まで及ぶ大手術をし、退院したのが20日(金曜日)、驚異的回復力です


腫瘍の最初の症状が出たのが、6月19日
MRI検査で腫瘍があることが判明したのが6月26日
手術が7月17日
と、この1ヶ月あわただしい日々でしたが、今思えばいろんなことを
即決で判断したのが良い結果を招いたと思っています


早期発見に勝る術はなし


発見が早かったので、蘭の体力もありました。
(手術に備えて少し太らせたのですが退院するときはゲッソリ痩せていました)

症状もそれほど進んでいなかったこと
(発作が3回のみ)

日頃ドッグスポーツをやっていたので、小さな変化でも「あれっ」と気づきやすかったこと

早いこと治してあげなくっちゃ、と思ったこと、等

すべてがプラスに動いた結果です

犬の脳腫瘍で検索すると、手術しても予後があまり良くないとか、術後すぐに亡くなってしまった等
良い事はひとつも書いてない記事ばかり

このまま蘭が順調に回復し、脳腫瘍は助かる病気だ!
と、なって脳腫瘍で苦しむ犬達の見本になれたらいいなーと願う飼い主です

欲張りだけど、こんな欲ならいいかな!!


category: 脳腫瘍闘病記

Posted on 2012/07/24 Tue. 13:22  edit  |  tb: --  cm: -- 

蘭のひとり言(退院) 

            

蘭でーす、またひとり言をつぶやくけど聞いてね

実はアタシ今おうちなの
報告が遅くなったけど、20日の金曜日に退院したんだぁ
そう、3日で退院しちゃったの

え!早すぎる?

うん、そうかもしれない
だって手術したのが17日から18日にかけてだものね

本当なら1週間入院予定だったんだけど、おかーさんがお家で看たいって言って
早めに迎えに来てくれたんだぁ

先生が、開頭術をした子で4日で退院した子ならいる
て言ってたけどアタシはそれを更新しちゃった(笑)


応援してくれた皆に、ほんとうならちゃんと、お顔を見せてご挨拶しなくっちゃいけないのに
今のアタシの顔、ちょっとブス過ぎて顔出しできないの

どのくらいブスかというと、別人28号くらいかなぁ

おかーさんたらアタシを迎えに来た時

「えっ!蘭なの?」って

我が子もわからないなんてひどいでしょ(-_-;)

まっ無理もないわ、だってアタシ肩から上のおケケを剃られて、つるっつるなんだもの||(;-_-)|||

女性なのに、つるっつるよ

それに額にはザクっと切られた後が15センチくらいあるの
縫い目、モロ見え!!(-_-#)

あぁ恥ずかしい

そんなわけで今日はアタシの元気な顔は見せられないけど無事退院しました。

応援してくれた皆さんありがと~う





category: 脳腫瘍闘病記

Posted on 2012/07/24 Tue. 13:00  edit  |  tb: --  cm: --